心と体を癒してくれるマッサージを受けてストレス解消

マッサージの効果でストレス解消へ

>

マッサージを受けたあとには

体を労わり心を休める

マッサージを受けた後、体は血流が良くなり温まった状態にあります。とくに念入りにマッサージを受けた後は、その後のケアに配慮しましょう。
念入りにマッサージを受けたときには、筋肉や神経は押圧効果で、沢山動かされています。筋トレやストレッチを入念に行ったのと同じような状態です。血流が促進して細胞の動きが活性化し、勢いよく様々な栄養が巡っている状態にあります。こうした状態にあるときには、その状態が続くようケアしてあげましょう。例えば温まった細胞の温度を下げないよう、温かい服装で過ごすようにしてください。
また、心も癒されている中にあります。なるべくその状態を長く保つよう、心に刺激的な環境を避け、早めの就寝をするなど、心も休ませてあげるのがオススメです。

入浴や飲酒には配慮も大切

マッサージを受けた後のケアとして、注意すべきは入浴と飲酒です。入浴や飲酒は、確かに体を温める効果があります。しかし、マッサージと組み合わせると、必要以上に細胞の動きを促進させて、逆に筋肉痛のような状態になる可能性もあるのです。
マッサージの程度によっては、入浴と組み合わせることで効果を生じるものもあるため、一概にいえませんが、どのくらいの力加減なのか、また方法についても、入浴が可能なマッサージであるかは確認しておくと良いでしょう。マッサージの種類によって、入浴を控えるべきか、事前に説明してくれるものもあります。
また飲酒に関しても、血流を促進させる効果があるものですが、過度な飲酒によって、入浴と同様に血流の促進が逆効果を生じさせるおそれもあります。マッサージの後は、負担の少ない飲酒、もしくは休肝日とするのが心身の癒しに効果的です。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ